湖北は山々に囲まれた自然豊かな地域です。滋賀県と岐阜県の境界に高くそびえ立つ「伊吹山」は薬草の宝庫と呼ばれており(約280種存在)、昔から地域の人々が心や体を維持するために薬草が使われていることも地域の特徴です。「切支丹宗門来朝実記」や「南蛮寺興廃記」などの史書によれば永禄11年(1568年)、織田信長がポルトガル人宣教師に薬草を栽培させたという史実も残っています。当店のガレット・デ・ロワは、この地域ならではの食材や食文化を生かし、四季折々の果物や野菜・伊吹山の和ハーブを使って、丹念に焼き上げられた逸品です。

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

★フェーブを引き当てた方の幸運は1年間続きます!